豊胸手術で失敗しないコツ

バストは女性の象徴なので、バストのことで悩む女性も沢山います。

特にバストが小さいことで、コンプレックスを感じる女性は多く、少しでもバストを大きく見せるためブラジャーもパッドがはいったモノを使う女性も沢山います。

バストアップマッサージや、バストアップサプリを飲んでも効果がないという女性は、思い切って豊胸手術を受けることもあります。

豊胸手術は医師の技術によって、後遺症がでることもあるのでクリニック選びは慎重におこなわなければいけません。

できるだけ手術実績が多い医師のいるクリニックを選ぶことが大事です。
豊胸手術は傷口が消えなかったり、胸が固くなったり、しこりがあるなど後遺症がおきやすいので、医師としっかりリスクについて話し合うことも大事です。

リスクを理解したうえで、本当にそれでもやりたいか考えてから手術を受けるようにしましょう。

豊胸手術は、あまりサイズを大きくしてしまうと、今までとは大きく違うので周囲に手術をしたことがばれることもあります。他にも感触が不自然だったり、傷痕でばれることもあるので注意が必要です。

1回の手術で1カップ程度にしておく方がばれなくてすみます。

ヒアルロン酸注入ならば、傷痕は注射痕だけなので手術がばれる心配はいりません。


水着を着る場合は、2週間くらい前までに手術を終えておくといいでしょう。

豊胸手術で失敗しないコツは、自分の理想のバストのイメージを固めておくことです。
けして欲張ってサイズを大きくしすぎないことも大事です。自分にあったバストサイズをしっかり選んで、手術をおこないましょう。


バストが小さいことをコンプレックスにしている女性も沢山あります。


バストが小さいと水着や胸が目立つ洋服も着たくないと思う女性も多く、ファッションを楽しめなくなります。

バストアップ体操などの本やDVDを購入し試す女性も多いですが、あまり効果がないならば豊胸手術を受けてみてはいかがでしょう。
豊胸手術というと身体にメスを入れるので怖いと感じる女性も多いですが、最近ではヒアルロン酸や自分の脂肪を注入する方法があるので、身体に負担をかけずに手術をおこなえます。脂肪注入による手術は、お腹やお尻などの余分な脂肪をとり、その脂肪をバストに注入する方法です。

自分のいらない脂肪を使うので、身体の拒絶反応も少なくてすみ、より胸になじむので人気があります。


お腹などの余分な脂肪をとることで、シェイプアップにもなりますが、注入した脂肪の役3割しか残らないので注意が必要です。


ヒアルロン酸を注入する方法もあります。保湿成分であるヒアルロン酸をバストに注入する方法で、簡単にバストアップがおこなえます。
ある程度の期間しか効果がないので、何度も注入する必要があります。

インプラントというバッグを、バストの下に挿入する豊胸手術の方法もあります。身体にメスを入れるので入院をする必要がありますが、自分の好きなサイズにできるので人気です。


豊胸手術はどの方法を選んでもリスクはつきものなので、医師とリスクについてもじっくり話し合い、自分のニーズにあった豊胸手術をおこなうことが大事です。

















関連リンク

まつげエクステで瞳の印象を変える

初対面で相手を見るときは、まず目元に視線がいくと言われています。そのときのイメージが、後々の印象を左右することになるといっても過言ではないのです。...

more

まつげエクステのメリット

まつげエクステとは、自分のまつげに専用の接着剤で人工まつげをつけることを言います。接着剤をつけるのは、自分のまつげでまぶたには触れることがないので、お肌が弱い人でも安心してつけることができます。...

more
top