豊胸をする方法は手術以外にもある

豊胸をするとしたら、どんな方法があるのか、またどんな方法が自分に向いてるのか、それを知りたいと思ってる方もおられるでしょう。


豊胸を行う方法にはたくさんのものがあります。


一つは豊胸手術ですが、これには人工乳腺法、脂肪注入法、プチ豊胸があります。人口乳腺法とは、シリコンジェルなどのバッグを体内に挿入して胸を大きくさせる方法ですが、触り心地がよく自然な見た目に仕上がるのが特徴です。


脂肪注入法とは、自らの脂肪を使って胸を大きくする術式のことですが、体への負担が少なくて治療跡がほとんど残らないのが特徴です。プチ豊胸は、プラセンタやヒアルロン酸などの成分を注射することによって胸を大きくする方法です。この方法は医者の技量によって仕上がりが左右されますが、体を傷つけなくてすむところがメリットです。
以上のように手術では3つの方法で胸を大きくすることができます。

一方、手術以外でも胸を大きくする手段はあります。

例えば、マッサージやサプリメントです。
マッサージでは、乳腺を刺激しながら下から上へ、外から内へといった方法でマッサージを行えば胸を大きくすることができ、サプリメントでは、女性ホルモンを活性化させる成分を摂取することによりバストアップすることができます。

ちなみに、サプリを使って短期間でバストアップしたいなら、プエラリアのサプリが有効といわれています。

さて、以上のように胸を大きくする方法には手術もありますが、それ以外の方法もあるなど、選択肢があることを知っておきましょう。


バストアップや乳房の形を整えたりする豊胸手術には、種類があります。

美容外科クリニックで行われている代表的な豊胸手術としては、シリコンバッグや生理食塩水などの人工物を挿入する方法をプロテーゼ法、またはシリコンバッグ挿入法ともいい、一番バストサイズを長期間維持できる手術法です。
バストサイズを2カップ以上大きくすることも可能で、10年程度はバストの大きさを維持することができます。

欠点としては、豊胸手術のなかで一番本格的な外科手術を行うため、身体への負担が大きいことと、回復するまで時間がかかる点です。また、乳がん検診で行われるマンモグラフィ検査を受けることができないなどの支障があります。

持続期間はほかの豊胸手術の中で一番長持ちしますが、それでもシリコンバッグの劣化の問題もあり、10年に1回は取りかえる作業も必要となってきます。

費用は、挿入する人工物の品質によって値段が異なり、質の高いものであれば手術代も含めて100万以上かかる場合もあります。
人工物を挿入する方法以外には、自分の太ももやおしり、背中などの余分な脂肪を吸引して、胸に吸引する方法があります。

この脂肪注入法とよばれる豊胸手術は、バストアップだけでなく痩身も同時に行えるのがメリットです。

しかし、プロテーゼ法とは違い、サイズは1カップから2カップの間ぐらいが限界ですので、2カップ以上の大幅なサイズアップを希望している人には向きません。

口コミ評判の高い水素水のランキングの情報サイトへお越しください。

高濃度水素水のレンタルの情報が豊富です。

睡眠時無呼吸症候群の酸素水情報探しならこちらをご確認下さい。

水素水の効果の情報はこちらです。

水素水の浄水器情報探しで悩んだ時に見てほしいサイトです。

http://www.asahi.com/and_M/information/pressrelease/CPRT201637835.html

http://matome.naver.jp/topic/1MJOs

http://m3q.jp/t/1590?offset=16

関連リンク

まつげエクステで瞳の印象を変える

初対面で相手を見るときは、まず目元に視線がいくと言われています。そのときのイメージが、後々の印象を左右することになるといっても過言ではないのです。...

more

まつげエクステのメリット

まつげエクステとは、自分のまつげに専用の接着剤で人工まつげをつけることを言います。接着剤をつけるのは、自分のまつげでまぶたには触れることがないので、お肌が弱い人でも安心してつけることができます。...

more
top